(+34) 956 922 396
info@larutamilenariadelatun.com
raices_int_5_joyas

La Ruta Milenaria del Atún(ラ・ルータ・ミレナリア・デル・アトゥン)古代からのマグロのルートと名付けたこのプロジェクトでは数千年の歴史の証言を構成する唯一の遺跡・建造物を選んで紹介させていただきます。バルバテ、コニル・ デ・ ラ ・フロンテラ、タリファ、ラ ・ リネア ・ デ ・ ラ ・ コンセプシオン町のそれぞれのルーツを知っていただける重要な場所です。

歴史を記すその場所、例えばラ・リネア・デ・ラ・コンセプシオンのアトゥナラ地区、ここは640年を起源とする漁業地区でトビウオ(ボラドール・アンダルシア方言ではボラオール)の伝統的な干物作りが現在も行われています。

サン・アンブロシオ礼拝所はイベリア半島南部地方の初期キリスト教のバシリカ(上位教会)の一例で注目すべき建造物です。

エル・パロマール・ デ・ ラ・ブレ―ニャは 現在使用されていませんが、世界最大のハト小屋で2万羽を収容出来ました。

最後に是非見学していただきたいのがバエロ・クラウディアの遺跡です。ここはローマ帝国時代皇帝を含む上流社会に美食として重宝されたガラム(魚の内臓で作った調味料)の製造工場として知られる遺跡です。バエロ・クラウディアは国の歴史遺産宣言がされています。

Atunara-JAP
SanAmbrosio-JAP
Palomar-JAP
Baelo-JAP
SantaCatalina-JAP

colaboradores-japonés    promociones-japonés